Hatena::Groupmediaforcelabs

ラボ広報担当の備忘録

メディアフォースラボ広報担当の滝川陽一です。技術関連ブックマーク、広報などなど書いていきます。
 | 

2010-05-17

トピック解説「HTML5」

| 18:19

 現在のWWW(World Wide Webの略、インターネットイントラネットで標準的に用いられるドキュメントシステム)で利用される技術や仕様の標準化を行っているのはW3C(WWW Consortium)と呼ばれる団体です。マサチューセッツ工科大学欧州合同素粒子原子核研究機構(CERN)らが1994年に発足しました。このW3Cが制定しているWebページを表示する為のマークアップ言語が「HTML(HyperText Markup Language)」で、最新版はHTML 4.01になります。WebブラウザはこのHTMLを読み取って画面描画し、我々が普段閲覧しているWebページを表示します。


 ところが、長らくWebブラウザデファクトスタンダードであった米国Microsoft社の「IE(Internet Explorer)6」がこのW3C規格のHTML4.01に準拠していないのです。インターネットが流行り始めた当初、IEはNetspace Navigatgor(Netscape Communications社のブラウザ)とのシェア争いから機能追加を繰り返したことが原因とも取れますが、結果として世界で最も普及しているWebブラウザ世界標準に準拠しておらず、それ以外のマイナーなWebブラウザ世界標準を準拠している、という矛盾した状態が長く続きます。


 この状態が長く続いて一番被害を被ったのはWebサービスの提供者です。W3C準拠でWebサイトを作るとシェアの大きいIEで動かない機能が出てしまいます。一方IEに仕様を合わせると他方が動きません。FirefoxSafariなど他のブラウザがシェアを伸ばしてくるとこの傾向はより顕著になりました。結果としてクロスブラウザ対応が開発者に義務付けられ、開発やテストに膨大な工数を要することになったのです。


 また、HTMLXMLをベースとしたマークアップ言語ですが、XMLとしては仕様を十分に満たしておらず、中途半端なXML言語のようなもの、という位置付けでした。この状況を改善する為にW3Cが「XHTML」という、XMLのルールに沿ったマークアップ言語を開発しますが、それまでのHTMLの記述に慣れてしまった人たちの間にはうまく広まりませんでした。


 その他、Webに対する要望は増してきており、Ajaxのような非同期通信やリッチなUIが求められるものの十分に要求が満たせず、Flashらに後れを取るようになります。


 HTML5とは、これらの状況を改善するために、W3Cで新しく策定されているHTMLの標準規格のことです。各ブラウザで仕様を統一し、また理想論よりはより実践的な仕様に落ち着かせることで、開発者のコストを下げることを目的としています。

4

 主な機能としては、2D & 3Dグラフィックスの強化、SVG(Scalable Vector Graphicsの略、ベクター形式の画像データをXMLで定義)のサポート、クロスドメイン(自サーバ以外からのデータ引用)対応、ローカルストレージセッションの採用、SQLiteの採用、バックグラウンド処理、Push配信、OS連携、カレンダーや動画再生といったリッチコンテンツ専用タグの採用、などが挙げられます。


 現在、HTML5の機能は、IE8、Firefox3.6、Chrome4、Safari4、Opera10といった最新のブラウザで一部が既に採用されています。完全準拠はそれぞれのブラウザの次バージョンになりそうだというのが大方の見方です。


 ただ、HTML5は現在のところ、まだ完全に仕様が確定していません。これは各ベンダー間の利害関係により細部の仕様決定に障害が生じているためです。たとえば、動画再生を行う為の<video>タグは、ブラウザ側にどんな種類の動画ファイルを読めるようにするか、予め実装が必要になります。しかし、殆どのブラウザベンダーが現在Flashビデオ等で主流となっているH.264を採用しようとするのに対し、オープンソースで開発されているFirefoxは、使用料金が必要なことからH.264採用に反対しています。SafariFlashプラグインとの決別を実質的に宣言していますが、ChromeFlash Playerの内包と自動アップデート対応を宣言しました。IECanvasへの対応を最近まで見合わせており、IE9でやっと実装を行うことになりました。

 2012年3月に正式に勧告する予定ですが、それまでに決めるべきこと、各ベンダーが対応すべきことは山ほどあるのが現状です。


 とはいえ、今後Webのフロント開発の主流になることは間違いなく、非常に注目度の高いテーマです。現在でも既に毎日何かしらの関連ニュースがIT系ニュースサイト報道されている状況です。日本でもユーザーグループが最近加入者が2,000人を突破したと発表がありました。勉強会も都内を中心に頻繁に開催されています。

 |