Hatena::Groupmediaforcelabs

ラボ広報担当の備忘録

メディアフォースラボ広報担当の滝川陽一です。技術関連ブックマーク、広報などなど書いていきます。
 | 

2010-05-03

ぼちぼち田植えの季節ですし、「農」を考える漫画はいかが?  ~2010/04/26の社内メールマガジン編集後記から~

02:48

 今週半ばから待ちに待ったゴールデンウィークですね。今年はカレンダーの並びが3日分の有休で11連休に出来るという素晴らしい日程です。皆さん予定はもう立てられましたか?ちなみに私はJリーグ観戦に備えて平常モードを継続予定です、母もFC東京戦の為に上京の予定ですし。空いた時間は自宅で積ん読でも消化しようかと思っています。


 そんな私のように遠出の予定の無い人は、自宅でのんびり読書なんていかがでしょう?今回はちょっと珍しくマンガを2タイトルご紹介します。



 アニメ化もされた大人気コミック「鋼の錬金術師」の作者、荒川弘氏は北海道酪農農家の生まれで自身も漫画家以前は家業の手伝いをしていました。荒川氏の幼少の経験や自身が通った農業高校の様子、家業の農業の厳しさ楽しさ、命とは、生きるとは。「鋼の錬金術師」も少年誌のバトル漫画にあるまじき「命」という重いテーマを扱っていますが、それとはうって変わって軽快なタッチで面白おかしく描かれたエッセイ漫画になっています。



 老舗の麹屋の次男坊:沢木直保は「菌」を見たり話したりできる能力の持ち主。チャラい都会の生活を夢見て東京の農大に入学しますが、早々に細菌学の教授:樹慶蔵に目を付けられ彼の研究に加わることになります。イベントの多い農大を舞台に、菌が見えること以外は取り得の無い主人公が個性の強い仲間に振り回されながら大学生活を送る様子が描かれています。

 発酵食品を主な題材に扱っており、味噌や醤油、日本酒地ビールワイン、中にはキビヤックホンオフェといった聞き慣れない食品も出てくるのも特徴です。デフォルメされて可愛らしく描かれた菌が子供にも大人気で、過去にはアニメ化もされ、この夏からは実写ドラマが放映の予定です。作中で紹介された日本酒龍神丸」は、現在では発売直後でも殆ど買えません。


 どちらも「農」をテーマにした漫画を取り上げてみました。この春先の不安定な天候でスーパーに並ぶ野菜はかなり値上がりしています。アイスランドの噴火の影響で、数年後には冷夏がやってくるという説もあります。日本人は食に「安全」というより「安心」を、安価で求める傾向がありますが、その裏に農家のどれほどの苦労が存在するか、ちょっとでも察して頂ければと、半農出身者の老婆心から紹介させて頂きました。

 とはいうものの、上記2タイトルではさほど重い内容ではありません。日本酒(合成酒では無い物)でも飲みながら気軽に楽しんで貰えれば幸いです。ちょうど新酒の季節ですしね。

トピック解説「Selenium」

02:43

 Selenium(セレニウム)とは、オープンソースで開発されたWebアプリケーションテストツールです。


 昨今では、テストコードの量が品質を決める指標のひとつとされたり、またテスト駆動開発(TDD)のようにテストコードを実際のソースコードより優先して書くなど、テストの自動化はシステム開発において非常に重要なテーマとされています。


 一方でWebアプリケーションGUIテストは、従来はどうしても人間の手で行うしか手段がなく、非常にコストのかかるものでした。最近はユーザーの多様化で使用されるブラウザIEFirefoxSafariChromeOperaと様々で、それぞれに対して同じテストを行う必要があり、テストの高コスト化に拍車をかけます。人の手で作業を行うとどうしても抜け・漏れが生じ、システムの品質にも影響が出ます。


 SeleniumではWebアプリケーションの操作を事前に登録しておくことで、これらの煩雑な作業を全て自動化することが可能で、また遷移後の画面に表示された内容も、単体テストツール同様に自動的にチェック・可視化して確認することが可能です。エビデンス(テスト実行証明)として画面のスクリーンショットを個別に取得することも可能で、テスト実行後の報告作業も省力化して行うことができます。テストの合間にデータベースの値を変更することもでき、また、FlashSilverlightといったプラグイン型のRIAのテストも行うことが、JavaScript連携機能を利用することで可能です。


 Seleniumは、コアの実行エンジンである「Selenium Core」、Firefoxアドオンとして使うテスト作成ツール「Selenium IDE」、Firefox以外のブラウザでテストを行うための「Selenium RC(Remote Control)」、複数の環境で同時にテストを行うための「Selenium Grid」、Rubyに対応した「Selenium Ruby」「Selenium on Rails」、Eclipseからテストを行う「Cubic Test」な

どで構成されています。


 メディアフォースラボでは社内外の案件を通して蓄積したSeleniumに関するノウハウを展開する準備を現在行っております。既に御手洗がその一部をブログに記載しておりますので、詳細はそちらをご確認下さい。

第1回 はじめてのSelenium - 御手洗の開発記録 - MEDIA FORCE LABS ― メディアフォースラボ ―

 |