Hatena::Groupmediaforcelabs

どうも、小松です。

2010-06-15

SharePointのPoint サイト紹介

| 02:07

どうも、小松です。


今日は、SharePointの情報紹介です。

※ページが崩れることがあるので、IEを使用することをおすすめします。


簡単ですが、今日はここまで。

DipoDipo2012/02/18 14:37You've hit the ball out the park! Increidlbe!

yqmjugupyqmjugup2012/02/19 19:052fdD38 <a href="http://gjcjrouixrpz.com/">gjcjrouixrpz</a>

vvgujqhsgqqvvgujqhsgqq2012/02/19 23:574sUPmp , [url=http://metlqlbgbgqu.com/]metlqlbgbgqu[/url], [link=http://maqrhbvvlpfz.com/]maqrhbvvlpfz[/link], http://zfpbhdwdmsfs.com/

qiemeniqiemeni2012/02/26 02:38bAy5Hx <a href="http://jnqzsesunyif.com/">jnqzsesunyif</a>

inetryconydotinetryconydot2017/04/24 07:50Norvasc Active Ingredient: <b>amlodipine</b> is used for treating high blood pressure and angina (chest pain).

Amlodipine (Norvasc) is used for treating high blood pressure and angina (chest pain). It may be used alone or with other medicines. Norvasc is a calcium channel blocker. It works by relaxing (dilating) your blood vessels, lowering blood pressure, <a href=http://forum.astrologi.ge/viewtopic.php?f=5&t=265>Buy Almodipine On Line</a> and decreasing heart rate, which lowers the workload on the heart. It also dilates coronary arteries increasing blood flow to the heart.

<a href=http://forum.astrologi.ge/viewtopic.php?f=5&t=265>BUY CHEAP ALMODIPINE NOW</a>

TAGS: <b>Norvasc 10 mg</b>, <b>Norvasc 5 mg</b>

Buying Almodipine Online
Almodipine Buy
Almodipine Purchase Online
Online Almodipine No Prescription
Over The Counter Almodipine
Where To Buy Almodipine
Order Almodipine
Almodipine Purchase Online
Buy Almodipine
Online Almodipine No Prescription
Buy Online Almodipine
Buy Almodipine

2010-06-09

SharePointのPoint 第2回 SharePointの開発環境

| 01:41

どうも、小松です。


今日は、SharePointの開発環境を構築したいと思います。とても簡単です。

SilverlightUIを拡張することを目指します。


0. はじめに

Silverlight 4 Toolsが英語版しかないのでVisual Studioの英語版をインストールしました。(2010/06/09)

今回インストールしたのは、以下のとおりです。


1. 開発環境のインストール

 1-1. Visual Studio 2010 Professional評価版をインストールする。

 1-2. Microsoft Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010をインストールする。

 1-3. SharePoint 2010 Reference: Software Development Kitをインストールする。

 1-4. Microsoft Expression BlendR 4 Release Candidate (RC)をインストールする。


2. サンプルのWebパーツ作成

 2-0. 今回は、SharePointとデータ連携しないWebパーツを作ります。

 2-1. Visual Studio 2010を起動します。

 2-2. メニューバーより[File]->[New]->[Project]を選択し、新規プロジェクトを作成します。

 2-3. 「Templates」より「Visual C#」->「Silverlight」->「Silverlight Application」を選び、プロジェクト名をつけ「OK」ボタンをクリックします。

  (プロジェクト名を「SPSample」としました。)

f:id:coma2:20100609002106p:image

 2-4. 「New Silverlight Application」ダイアログが表示されたら、デフォルト値のまま「OK」ボタンをクリックします。

f:id:coma2:20100609002644p:image

 2-5. 簡単なSilverlightアプリを作ります。(サンプルなんでなんでもよいです。)

  私は、以下のように作りました。


【MainPage.xaml

<UserControl x:Class="SPSample.MainPage"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
    xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
    mc:Ignorable="d"
    Width="150" Height="100">

    <Grid x:Name="LayoutRoot" Background="#FFFF9898">
        <TextBlock x:Name="MyTextBlock" HorizontalAlignment="Left" Height="19" Margin="28,20,0,0" TextWrapping="Wrap" VerticalAlignment="Top" Width="100"/>
        <Button x:Name="MyButton" Content="Click!" HorizontalAlignment="Left" Height="23" Margin="28,55,0,0" VerticalAlignment="Top" Width="89" Click="MyButton_Click"/>
    </Grid>
</UserControl>

【MainPage.xaml.cs

using System.Windows;
using System.Windows.Controls;

namespace SPSample
{
    public partial class MainPage : UserControl
    {
        public MainPage()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void MyButton_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            MyTextBlock.Text = "SharePoint";
        }
    }
}

 2-6. 作成したSilverlightアプリSharePointデプロイします。

  2-6-1. プロジェクトを右クリックし、「Properties」を選択します。

f:id:coma2:20100609005803p:image

  2-6-2. 「Build」タブを選択し、「Output path」に「C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Server Extensions\14\TEMPLATE\LAYOUTS\ClientBin」と入力し保存します。

f:id:coma2:20100609013340p:image

  2-6-3. ビルドします。(F6キーを押下)

  2-6-4. 作成したWebパーツをSharePointに追加します。

   2-6-4-1. ページの「編集」をクリックします。

f:id:coma2:20100609010553p:image

   2-6-4-2. Webパーツを挿入する場所にカーソルを合わせ、「挿入」ボタンをクリックします。

f:id:coma2:20100609010959p:image

   2-6-4-3. 「Webパーツ」をクリックします。

f:id:coma2:20100609011142p:image

   2-6-4-4. カテゴリから「メディアおよびコンテンツ」、Webパーツから「SilverWebパーツ」を選び、「OK」ボタンをクリックします。

f:id:coma2:20100609011701p:image

   2-6-4-5. URLに「/_layouts/ClientBin/SPSample.xap」と入力します。(xapファイル名は各自の環境に合わせてください。)

f:id:coma2:20100609012124p:image

   2-6-4-6. 「保存して閉じる」をクリックして、編集モードを終了します。

f:id:coma2:20100609013004p:image

  2-7. 追加したWebパーツを確認します。

f:id:coma2:20100609013538p:image

  ボタンをクリックしたら、正しく動作しました。

f:id:coma2:20100609013713p:image


3. 最後に

 今回は、SharePointと連携しないWebパーツの作成まででした。

 今後は、SharePointとのデータ連携方法などを調査したいと思います。

2010-05-19

SharePointのPoint 第1回 Windows 7にSharePoint Server 2010をインストール

| 00:55

どうも、小松です。


ご無沙汰しています。

SharePointの勉強を始めたいと思います。

開発どころか、SharePointの使い方すらままならない状態ですが、これから少しずつ学びたいと思います。

今日は、Windows 7へのSharePointインストール方法です。


実は、インストール方法はMSDNに書いてあります。

SharePoint 2010は、VistaWindows 7クライアントOSインストールすることができます。

ただ、注意しなければいけないのは、OSSharePointの種類(SharePoint ServerかSharePoint Foundation:以前のMOSSとWSS)によって、インストール方法が異なります。


0. はじめに

2010/05/18に試しました。必要なコンポーネントは随時更新されるかも知れませんので、試される場合はMSDNでご確認ください。

今回試した環境は、以下のとおりです。

OSWindows 7 Enterprise評価版(64bit)
SharePointSharePoint Server Standard Edition評価版
SQL ServerSharePoint Serverに付随のもの

OSは64bit版でなければいけません。


1. the WCF Hotfix for Microsoft Windows (KB971831)のインストール

windows6.1-kb976462-v2-x64.msuダウンロードしてインストールします。


2. ADO.NET Data Services Update for .NET Framework 3.5 SP1のインストール

Windows6.1-KB976127-v6-x64.msuダウンロードしてインストールします。


3. 必須コンポーネントインストール

 3-1. C:\にSharePointServer.exeをコピーします。

 3-2. C:\SharePointFilesフォルダを作成します。

 3-3. SharePointServer.exeをC:\SharePointFilesに展開します。

  コマンドプロンプトより以下を実行します。

c:\>SharePointServer.exe /extract:c:\SharePointFiles

 3-4. C:\SharePointFiles\Files\Setup\config.xmlを編集します。

  Configurationタグ内の一番最後に、以下を追加します。

<Setting Id="AllowWindowsClientInstall" Value="True"/>

  全体としては、以下のようになります。(環境によって異なりますので、コピーしないでください。)

<Configuration>
	<Package Id="sts">
		<Setting Id="LAUNCHEDFROMSETUPSTS" Value="Yes"/>
	</Package>

	<Package Id="spswfe">
		<Setting Id="SETUPCALLED" Value="1"/>
	</Package>

	<Logging Type="verbose" Path="%temp%" Template="SharePoint Server Setup(*).log"/>
	<!--<PIDKEY Value="Enter Product Key Here" />-->
	<Setting Id="SERVERROLE" Value="SINGLESERVER"/>
	<Setting Id="USINGUIINSTALLMODE" Value="1"/>
	<Setting Id="SETUPTYPE" Value="CLEAN_INSTALL"/>
	<Setting Id="SETUP_REBOOT" Value="Never"/>
	<Setting Id="AllowWindowsClientInstall" Value="True"/>
</Configuration>

 3-5. Microsoft FilterPack 2.0 Betaインストールします。

  コマンドプロンプトより以下を実行します。

C:\>C:\SharePointFiles\PrerequisiteInstallerFiles\FilterPack\FilterPack.msi

 3-6. Microsoft Sync Frameworkインストールします。

  Synchronization.msiダウンロードしてインストールします。

 3-7. SQL Server Native Clientインストールします。

  sqlncli.msiダウンロードしてインストールします。

 3-8. Windows Identity Foundation (Windows6.1-KB974405-x64.msu)をインストールします。

  Windows6.1-KB974405-x64.msuダウンロードしてインストールします。

 3-9. Chart Controlsをインストールします。

  MSChart.exeダウンロードしてインストールします。

 3-10. SQL Server Analysis Services - ADOMD.Netをインストールします。

  SQLSERVER2008_ASADOMD10.msiダウンロードしてインストールします。

 3-11. IISの設定を行います。

  コマンドプロンプトより以下を実行します。

start /w pkgmgr /iu:IIS-WebServerRole;IIS-WebServer;IIS-CommonHttpFeatures;IIS-StaticContent;IIS-DefaultDocument;IIS-DirectoryBrowsing;IIS-HttpErrors;IIS-ApplicationDevelopment;IIS-ASPNET;IIS-NetFxExtensibility;IIS-ISAPIExtensions;IIS-ISAPIFilter;IIS-HealthAndDiagnostics;IIS-HttpLogging;IIS-LoggingLibraries;IIS-RequestMonitor;IIS-HttpTracing;IIS-CustomLogging;IIS-ManagementScriptingTools;IIS-Security;IIS-BasicAuthentication;IIS-WindowsAuthentication;IIS-DigestAuthentication;IIS-RequestFiltering;IIS-Performance;IIS-HttpCompressionStatic;IIS-HttpCompressionDynamic;IIS-WebServerManagementTools;IIS-ManagementConsole;IIS-IIS6ManagementCompatibility;IIS-Metabase;IIS-WMICompatibility;WAS-WindowsActivationService;WAS-ProcessModel;WAS-NetFxEnvironment;WAS-ConfigurationAPI;WCF-HTTP-Activation;WCF-NonHTTP-Activation

  3-12. IISの設定の確認を行います。

   3-12-1. コントロールパネルをアイコン表示に切り替え、「プログラムと機能」を選択し、右の「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

f:id:coma2:20100520003115p:image

   3-12-2. IIS(インターネット インフォメーション サービス)の設定が図のようになっているか確認します。

f:id:coma2:20100520003344p:image

f:id:coma2:20100520003400p:image


4. OS再起動

必ず再起動してください。


5. SharePoint Serverのインストール

コマンドプロンプトより以下を実行します。

C:\>c:\SharePointFiles\Setup

スタンドアロンを選択します。(開発環境ではスタンドアロンにしなければいけません)


6. SQL Server 2008 KB 970315 x64インストール

構成ウィザードが立ち上がったら、先に進む前にSQL Server 2008 KB 970315 x64インストールします。

webサイトで問い合わせて381569_intl_x64_zip.exeを取得します。

ダウンロードしたら、解凍してSQLServer2008-KB970315-x64.exeを実行します。


7. 構成ウィザード

構成ウィザードを実行して終了です。

ちなみに、SharePoint Server 2010 betaインストールしたときは、ここで以下のようなエラーが発生しました。

05/14/2010 00:33:16  8  ERR              Task configdb has failed with an unknown exception 
05/14/2010 00:33:16  8  ERR              Exception: System.IO.FileNotFoundException: ファイルまたはアセンブリ 'Microsoft.IdentityModel, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35'、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。指定されたファイルが見つかりません。
ファイル名 'Microsoft.IdentityModel, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35' です。
   場所 Microsoft.SharePoint.Administration.SPFarm.CurrentUserIsAdministrator(Boolean allowContentApplicationAccess)
   場所 Microsoft.SharePoint.Administration.SPConfigurationDatabase.Microsoft.SharePoint.Administration.ISPPersistedStoreProvider.DoesCurrentUserHaveWritePermission(SPPersistedObject persistedObject)
   場所 Microsoft.SharePoint.Administration.SPPersistedObject.BaseUpdate()
   場所 Microsoft.SharePoint.Administration.SPFarm.Update()
   場所 Microsoft.SharePoint.Administration.SPConfigurationDatabase.RegisterDefaultDatabaseServices(SqlConnectionStringBuilder connectionString)
   場所 Microsoft.SharePoint.Administration.SPConfigurationDatabase.Provision(SqlConnectionStringBuilder connectionString)
   場所 Microsoft.SharePoint.Administration.SPFarm.Create(SqlConnectionStringBuilder configurationDatabase, SqlConnectionStringBuilder administrationContentDatabase, IdentityType identityType, String farmUser, SecureString farmPassword, SecureString masterPassphrase)
   場所 Microsoft.SharePoint.PostSetupConfiguration.ConfigurationDatabaseTask.CreateOrConnectConfigDb()
   場所 Microsoft.SharePoint.PostSetupConfiguration.ConfigurationDatabaseTask.Run()
   場所 Microsoft.SharePoint.PostSetupConfiguration.TaskThread.ExecuteTask()

警告: アセンブリ バインドのログ記録がオフにされています。
アセンブリ バインドのエラー ログを有効にするには、レジストリ値 [HKLM\Software\Microsoft\Fusion!EnableLog] (DWORD) を 1 に設定してください。
注意: アセンブリ バインドのエラー ログに関連するパフォーマンス ペナルティがあります。
この機能をオフにするには、レジストリ値 [HKLM\Software\Microsoft\Fusion!EnableLog] を削除します。

数回インストールを試みましたが、毎回ここで引っかかりました。

確認していませんが、調べてみるとWindows Identity Foundatin(旧名:Geneva Framework)のバージョンが問題らしいです。


もし、beta版で同じエラーに出くわした人がいたら、評価版を試してみてください。

これからbeta版をインストールする人はいないかもしれませんが。。。

GuadalupeGuadalupe2012/09/20 10:34It's spokoy how clever some ppl are. Thanks!

qyarimcqyarimc2012/09/21 11:38f4ktJ3 , [url=http://hztlbcycwrqt.com/]hztlbcycwrqt[/url], [link=http://ruvwkqmhztlf.com/]ruvwkqmhztlf[/link], http://ooqonasjaszu.com/

yhochbklrloyhochbklrlo2012/09/23 15:28ZDGHXp , [url=http://fmbccryxuahu.com/]fmbccryxuahu[/url], [link=http://ligeljtalprs.com/]ligeljtalprs[/link], http://wefkjhfhkkuf.com/

2009-12-24

インストール時のLVMの操作

| 01:43

どうも、小松です。


CentOSインストールを試してみました。

簡単に終わらせるはずが、ハマってしまいました。


インストール時に、Volume Groupを2つ作成しようとしたのですが、なかなかうまくいきません。

私が、作業を行った環境は以下の通りです。

インストールvmware Server 2.0.0
OSCentOS 5.4
インストールモードテキストモード

なぜ、LVMを操作できなかったのかは、以下の2つの画像を見て頂けるとわかると思います。


テキストモード

f:id:coma2:20091210120036p:image


GUIモード

f:id:coma2:20091210120037p:image


そうです。LVMを操作できるのは、GUIモードのみなのです。

RedHatのサイトにもそう書いてありました。

なぜなんでしょう?

理由はまだ詳しく調べてないのでわかりませんが、とりあえずインストールするときはこの点に気をつけたいと思います。

TathyanaTathyana2012/02/18 08:33I found just what I was needed, and it was entretianing!

iwxxvxiwxxvx2012/02/19 17:287JVFfV <a href="http://lyifdkzwydjy.com/">lyifdkzwydjy</a>

pfqkppirmzpfqkppirmz2012/02/24 03:38gRbTzG <a href="http://dfgiuouzgekx.com/">dfgiuouzgekx</a>

2009-12-02

複数のプロパティを持ったAttribute

| 18:44

どうも、小松です。


以前のエントリで、プロパティが一つのカスタムAttributeを作成してみました。

今回は、複数のプロパティを持ったカスタムAttributeを作成してみます。


0. はじめに

開発環境は、以下のとおりです。

OSWindows 7 Enterprise
開発ツールVisual Studio 2008

1. Attributeの作成。

 1-1. プロジェクトを作成します。(名前は、「TestAttribute2」にしました。)

 1-2. Attributeを保存するフォルダ「Attributes」を作成します。

 1-3. Attributeを作成します。

  今回は、複数のプロパティを持ったMyAttributeAttributeを作成します。

  (Attributeを使用するとき、最後のAttributeを除いた名前で指定するため、こんな名前にしてしまいました。)

using System;

namespace TestAttribute2.Attributes
{
    public class MyAttributeAttribute : Attribute
    {
        private string _Attr1;
        private string _Attr2;
        private string _Attr3;

        public MyAttributeAttribute(string value)
        {
            _Attr1 = value;
        }

        public string Attr1
        {
            get { return _Attr1; }
            set { _Attr1 = value; }
        }

        public string Attr2
        {
            get { return _Attr2; }
            set { _Attr2 = value; }
        }

        public string Attr3
        {
            get { return _Attr3; }
            set { _Attr3 = value; }
        }

    }
}

2. Attributeを使用する。

 2-1. Personクラスを作成し、そこでMyAttributeAttributeを使用してみます。

 2-2. Personクラスを保存する「Entities」フォルダを作成します。

 2-3. Personクラスを作成し、Attributeのプロパティに値を入力します。

  コンストラクタ引数となる値は、そのまま値を指定します。

  その他のプロパティに値を入力するには、「プロパティ名 = 値」という形式で指定します。

using TestAttribute2.Attributes;

namespace TestAttribute2.Entities
{
    public class Person
    {
        [MyAttribute("id1", Attr2 = "id2", Attr3 = "id3")]
        public int id { get; set; }
    }
}

3. Attributeで設定した値を取得する。

 3-1. 確認のため、2で設定した値を取得したいと思います。

  MainPage.xamlのLayoutRootがロードされたときにPersonクラスのインスタンスを作成し、

  ボタンを用意し、ボタンをクリックしたら、PersonのAttributeの値を表示します。

 3-2. MainPage.xamlです。

  ボタンを一つ用意し、あとはイベントハンドラを指定します。

<UserControl x:Class="TestAttribute2.MainPage"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation" 
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
    xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006" 
    mc:Ignorable="d"
    d:DesignWidth="640" d:DesignHeight="480">
    <Grid x:Name="LayoutRoot"
          Background="White"
          Loaded="LayoutRoot_Loaded">
        <Button x:Name="myButton"
                Width="100" Height="30"
                Content="get attributes"
                Click="myButton_Click"/>
    </Grid>
</UserControl>

 3-3. MainPage.xaml.csです。

using System;
using System.Reflection; // for PropertyInfo
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using TestAttribute2.Attributes;
using TestAttribute2.Entities;

namespace TestAttribute2
{
    public partial class MainPage : UserControl
    {
        private Person person;

        public MainPage()
        {
            InitializeComponent();
        }

          private void LayoutRoot_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            // Personをインスタンス化し、初期値を入力します。
            person = new Person() { id = 1 };
        }

        private void myButton_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            string str = "";

            // personの型を取得します。
            Type type = person.GetType();

            foreach (PropertyInfo pInfo in type.GetProperties())
            {
                // pInfoからMyAttributeAttribute型のAttributeを取得します。
                MyAttributeAttribute attribute
                    = (MyAttributeAttribute)Attribute.GetCustomAttribute(pInfo, typeof(MyAttributeAttribute));

                // MyAttributeAttributeのプロパティの値を取得します。
                string attr1 = attribute.Attr1;
                string attr2 = attribute.Attr2;
                string attr3 = attribute.Attr3;

                // strにプロパティ名、値、MyAttributeAttributeのプロパティ値を追加します。
                str += pInfo.Name + ":\n"
                    + "  value: " + pInfo.GetValue(person, null) + "\n"
                    + "  attr1: " + attr1 + "\n"
                    + "  attr2: " + attr2 + "\n"
                    + "  attr3: " + attr3 + "\n";
            }

            // strをMessageBoxで表示します。
            MessageBox.Show(str);
        }
    }
}

4. 実行結果。

 f:id:coma2:20091202184003p:image

 正しく表示されました。

 コンストラクタ引数を複数にすることもできそうですね。

JenniferJennifer2012/02/18 04:08Felt so hopeless lokoing for answers to my questions...until now.

silvawyqngsilvawyqng2012/02/19 18:15ryRu8r <a href="http://ltsysdnmglod.com/">ltsysdnmglod</a>

epndcupjuyzepndcupjuyz2012/02/20 00:08KIudxT , [url=http://gmxujedmtivu.com/]gmxujedmtivu[/url], [link=http://elxaamasdvjj.com/]elxaamasdvjj[/link], http://vaxbpfqmfocj.com/

bgksgslaabgksgslaa2012/02/24 03:19Uppe0T <a href="http://xblbmgiquvty.com/">xblbmgiquvty</a>